恒例のお花見

優柔不断な二人が毎年なかなか決められないお花見の場所と日程。
私は2度目で彼女は初めての「原谷苑」へ。
今年は開花情報が迷走していて、何度も電話やお茶をしながら選んだ日がちょっと外れました。
原谷苑の入園料は桜の開花状況により0円から1500円なのですが、私たちが行った日は1200円でした。
金閣寺から車で5分ほどのところにある原谷苑は、3月下旬から早咲き4月下旬に遅咲きの桜をめでることができますし、桜以外の花もたくさんあります。
どなたのブログも今の時期は桜の写真でしょうね。
”もう満腹”の方は、サラ~っと流してくださいませ。

”吉野つつじ”。近くで見るつつじはそれほど好きではありませんが、これは花弁がとても薄くて柔らかいので好きです。
画像


初めて見た”しだれ黄梅”
画像


真っ赤な”ボケ”の花より淡い色のほうが好きです。
画像


ミツマタの枯れ枝は見たことがありますが、花が咲いているところは初めて見ました。
画像


東屋の屋根に覆いかぶさるように咲いている早咲きの桜です。
このあたりが一番開花していました。
画像


この後、めったに乗らないタクシーに乗って(というか、それ以外の手段が見つかりませんでした)京都府立植物園へ。
桜は散りかけでしたが、桜吹雪の下を歩くのが好きなので楽しかったです。
画像


園内をぶらぶら歩いていて、遠目にも気になった木がありました。
ハナズオウ。以前に来た時もあったのでしょうが、見逃していたみたいです。
画像


綺麗な紫色に惹かれ、灯火に引き寄せられる蛾のように・・・
画像


この”ボケ”の色合いも好きです。
画像


”これ何!”ホラー映画に出てきそうなクネクネの”シダレエンジュ”
隣の木とも絡み合って不思議。
画像


12時前に一度行ってみたかった、明治30年創業という”東洋亭”へ。
名前を書いて席に着いたのは、2時半でした。
画像


4月5日の出来事でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ば~ば
2019年04月17日 06:56
私は今年は近所の桜さえ見逃しました
というか、外歩き出来なかったので~

コチラでいろいろ見せて頂きます
”しだれ黄梅”、初めて見ました…というか、有る事も知りませんでした
この歳で新しいことを見聞きすると嬉しい~寿命が延びるって誰かが

近所の小学校門前に花ズオウがありますが、派手じゃ無いけれど趣きありますね
MOM
2019年04月17日 16:30
ば~ばさん こんにちは

桜の季節は花粉症の季節でもあり、桜の花とマスクの波でした。
という友人も私も、ここぞという時はマスク着用です。

ね~。しだれ黄梅綺麗でしょ。ちょっと花数少なくて寂しげでしたけど。
そうですよね。特に私は不勉強なので(勉強嫌いです)知らないことがたくさんあります。
しょうもないことはなぜか覚えるのですが。
春は特に生きてる喜びを感じやすい時期だと思うんです。
手術したのが春だったせいもあるのでしょうが、生きてるって感じがして好きです・・・けど、心も騒ぎます。
むつかしいお年頃なので(〃艸〃)ムフッ

松風Ⅱ
2019年04月17日 17:36
念願のお花見をアップできてよかったですね
桜吹雪の下をそぞろ歩きは
楽しかったでしょう
ところで紫の花の名は
植物音痴は何も知らないのです
ところで
その後はいかがですか
MOM
2019年04月17日 21:29
松風さん こんばんは~

花弁が舞う中を歩くと気分が高揚します。
花が散り葉っぱが出始めると、桜餅のいい香りがします。
桜は枯れ木から濃い桃色のつぼみ、満開に花吹雪、ピンクのじゅうたんに花筏、その後は青葉に和菓子と何度でも楽しめます。

紫の花はフジモドキです。
遠くから花の上部だけ見えていたので、ラベンダーのように見えました。

検査結果は今週末か来週初めです。
待つのは長く感じますね。

この記事へのトラックバック