MOMO&MOM

アクセスカウンタ

zoom RSS 虹の橋を渡ったMOMO

<<   作成日時 : 2018/01/22 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

「ずーっとずっとだいすきだよ」という絵本があります。
大好きな愛犬が死んでしまいます。悲しみにくれるのですが「僕には一つ慰めがあった。それは毎日愛してるよと伝えていたこと。」
その本を読む以前から、私は子どもたちが小さい頃に言っていたように「MOMOちゃん大好きだよ。お母さんの宝物だよ」と言っていました。
夫や子どもたちもMOMOが好きでしたが、MOMOは私をいちばん好いていてくれたような気がします。
お互いに見返りを求めないで、ただ相手が好き。
人間同士ではなかなか難しい関係だと思います。

2000年3月生まれのMOMOが2018年1月12日午後1時55分に虹の橋を渡りました。
これから先は、MOMOの闘病とその後の話です。
ご不快に思われる方は、どうかこの先はお読みにならないでください。
ももと関わってくれた友人や自分のために書きました。

2015年4月後ろ足がもつれるようになり”変性性脊髄症”と診断されました。
進行性の病気、治療法がないと説明されましたが、多分痛みはないだろうということでした。
下肢から始まった麻痺が上肢から呼吸器に進行して、最後は呼吸困難に陥る。
後ろ足を引きずってズリズリ進んで家の中を移動していたのですが、新築の家のアチラコチラに粗相をし始め、12月には前足も動かなくなり寝たきりになりました。

床ずれができ、ゼリー状の保冷剤をベッドに敷いたり、体位を変えたりいろいろ試しました。
2017年1月から動物用の介護ベッドを手に入れ、床ずれができるのを防いでいました。
ペット用のおむつはとても高く、まめにオムツを変えているとかなりの出費になったので、秋頃にベビー用の紙おむつを使い始めました。
画像


2017年の7月1日の夜、寝室に行こうとしたら、MOMOが私をじっと見つめ続けていました。
不安になったので、その夜からリビングの床で添い寝をはじめました。
翌日病院で「好きなものを食べさせてください。お薬もいらないと思います」と言われ、診察室で涙が止まりませんでした。
その頃には吠えることが出来なくなっていました。とてもよく吠える子で、友人に「MOMOの吠え声がうるさくて話が聞こえない」と言われていたのに。
次に病院で他の先生に診ていただいたら、「まだまだ大丈夫ですよ」と言われましたが、その後ずっと添い寝を続けていました。

愛犬の散歩仲間や友人が時々MOMOの顔を見に来てくれていました。
麻痺が進んで、舌が思うように動かずドライフードを食べられなくなりました。
レトルトのドッグフードにベビー用のチーズ、バナナ、牛乳、ヨーグルトをミキサーに掛けて、流動食に変えました。
子犬の頃から食事は朝夕2回食にしていましたが、段々食べられる量が減ってきて、途中で疲れたり眠ってしまったり。

2018年1月10日水曜日。
数日前から食事と水を飲む量が減ってきたので、病院に連れていきました。
丁寧に診察をしていただいたあと、先生が「末期になっていますので、2,3日だと思います」と言われました。
「最後は息を吸う力がなくなってしまいます。苦しまないと思いますし、気がつかないかもしれません。一応点滴を打ちましょう。食事は自分で口を動かせない限り、食べさせないほうが良いと思います。誤嚥しますから」と言われました。
診察室でも待合室でも涙が止まらず、運転中も帰宅してからも目が腫れて開けられないくらい泣きました。

1月11日夕方、犬の散歩仲間だったサンディのお母さんがお見舞いに来てくれました。
1時間位ずっと撫でて、「MOMOちゃんえらいね。よく頑張ってるね」と声をかけ続けてくれました。
それが刺激になったのか、夕食を少し食べてくれました。

1月11日。
若い友人が、MOMOに会いに来てくれました。
キャバリエのプーちゃんはMOMOより若くして先に虹の橋を渡りました。
思い出話をしながら泣いたり笑ったり。
「昨日ご飯食べたよ」、「それならまだまだ大丈夫。毛艶もいいし。大丈夫だよ」と話をしていました。
お昼になったので、とりあえずパンケーキを焼いて二人でランチ。
画像


彼女が帰った後、MOMOを日向ぼっこさせながら後片付けをしました。
画像


片付けが終わり腰掛けた途端、MOMOの呼吸に変化がありました。
耳を澄まさないと聞こえないくらいでしたが、息を吸うのが困難になったようでした。
それから、体を擦りながら声をかけ続けている間にMOMOの呼吸が止まりました。
7月から添い寝を続け、10日からつきっきりでいましたが、心配だったのはMOMOの最後についていられなかったらどうしようということでした。
あとで娘が「お母さんがそばを離れている間にMOMOちゃんが逝ってしまったら、お母さんがとても苦しむだろうと心配していたから、傍にいられてよかった」と言っていました。
家族に連絡し(アメリカの娘にも)、一人で待っている間に友人に連絡をしました。
友人が入れ替わり立ち代わりMOMOにお別れを言いに来てくれました。
みんなMOMOを撫でながら話しかけてくれました。
お花もたくさん頂いたし、「甘いものでも食べて元気出してと」も私にもいただきました。
何より、みんなの気持ちが嬉しくて。
画像


最後の夜、最後の添い寝をしました。
画像


翌朝ペット霊園で立会火葬をしました。
出発前に最後の別れに来てくれた人もいました。
骨壷は可愛いハートの小物入れを持参して、小さい骨を五つ持って帰りました。
この絵は、MOMOが病気になってから図書館の作品展で知り合った美大生のお嬢さんにお願いして描いてもらいました。
「男の子に間違えられるから、優しい女の子に見えるように描いてね」とお願いしました。
画像


いまだに信じられず、出かけるときや帰宅の時、つい「MOMOちゃん、行ってくるよ」「ただいま」と声をかけてしまい、帰宅がおそくなる時は電気をつけて出かけてしまいます。
最後に色んな人に見送られて、MOMOの最後は幸せだったと思います。
TVで犬を見ると泣けてきます。散歩をしている犬を見ても涙が出そうです。
6年前に犬を亡くした人が、今でも時々急に涙が出ると言っているので覚悟をしています。

我が家で暮らすようになって、私が行くところ何処にでもついてきて、抱っこも大好きで、常に私にくっついていたMOMO。
カメラを向けるとちゃんとカメラ目線をしてくれました。
かくれんぼをしたり、雪遊びをしたり、いつも二人で笑い転げていました。
夫がMOMOに嫌がらせをするために私にくっついた時、いつも吠えて間に割り込もうとしていました。
大型犬に追いかけられた時、凶暴な猫に襲われた時、必死でMOMOを守って代わりに噛まれた私。
多分それで余計に私に対して信頼と忠誠心が芽生えたのだと思います。
私はちゃんとそれにこたえられていただろうか、MOMOは我が家に来て幸せだったのだろうか。
聞けるものなら聞いてみたいけれど、聞くのが怖い。

葬儀の後、息子が「虹の橋」という絵本をくれました。
「お母さんが育てたからMOMOは長生きできたと思うよ」と息子が言ってくれました。
「よくがんばったね」と友人たちが言ってくれました。
MOMOのたくさんある写真を見て楽しかった頃のことを思い出し、「虹の橋」でいつか会えることを願います。

うちに来て間もなくの頃。
画像










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
MOMOちゃん、神様に召されましたか(哀悼)

MOMさんたちの想いは尽きないでしょう
精神的疲労が心配、私は気持ちが高ぶり過ぎて眠れない日々が続きました
ただ、MOMさんの傍らには旦那様がいらっしゃいます、頼ってください
ば〜ば
2018/01/23 07:23
息子さんのおっしゃるとおり、MOMさんのもとでだから、MOMOちゃんは、長生きできたんだと思います。安心して虹の橋を渡ってくれたと思います。
愛情をいっぱい注いで育ててくれたお母さんのこと、これからもずっとずっと見守ってくれていると思います。
miky
2018/01/23 08:10
寂しくなりましたね。
MOMO、きっと幸せだったと思いますよ。
MOMさんが、以前のように楽しく過ごされることが、これから大切な事です。
そして今も、MOMOちゃんあなたの側に寄り添っていると思いますよ。



☆ひな☆
2018/01/23 12:34
ば〜ばさん ありがとうございました。


一人になるとパソコンの中にたくさんあるMOMOの見ています。
同じ経験をした友人たちが、「6年たっても、時々思い出して涙がでる時がある」とか「時々車の中で叫ぶ」とか「足音が聞こえる気がする」といいます。
ホラーは大嫌いな私ですが、怖くないのが不思議です。

私は落ち込む性質なので、ただただ悲しいです。
1日泣いているわけにもいかないので、日常生活に戻しています。
MOMOのことを知らない人と話す時は、いきなり泣き出すわけにもいかないので我慢できます。それはそれでいいかと思います。

MOMOがいないとなんだかストレスが溜まって、ちょっと体調が悪くなりました。
MOM
2018/01/23 18:35
mikyちゃん ありがとう

ワンコ仲間が「うちの子たちが待ってるから、仲良くしてね」って言ってくれるんです。
みんな「虹の橋」で元気に走り回っているということを信じたいんですね。
待っててくれるかな〜。他の人について行ってたらどうしよう、なんて心配症の私です。
MOM
2018/01/23 21:02
ひなさん ありがとうございます

寂しいです。
MOMOのいない生活になれることが出来ません。
話しかけそうになったり、帰りが遅くなるときに電気をつけていったり。
スーパーのドッグフード売り場や赤ちゃんのオムツ売り場の近くに行くと悲しくなります。
そういえば泣いているときに涙を舐めてくれたこともありました。
楽しかったことや良いことばかり思い出しています。

MOM
2018/01/23 22:10
愛犬に先立たれてしまう悲しい思いは私も味わったことがあり、失意のどん底に落ち入り何とも寂しいものです。
MOMOチャンも、たいそう大事にされていらっしゃったので、情がしっかり移ってしまっていたのだと思います。
何かにつけて大切にされた愛犬MOMOちゃんはきっと天国で喜んでいることと思いますよ。
ご冥福をお祈り申し上げます。
yasu
2018/01/26 22:05
yasuさん ありがとうございました 同じ思いをされた方なら分かっていただける。 それで少し心が穏やかになります。
写真を見て楽しかったことを思い出すようにしていますが、やはり涙が出ます。 元気に走り回って私を待っていてくれることを願っています。
MOM
2018/01/28 11:18
去年の秋口頃から遠くからですが
心配していました、
MOMさんの心情を想像しながら・・・
大好きなMOMさんとそのご家族に可愛がられ
心は伝わっていたと思います。
hohsi117
2018/01/28 15:56
hohsiさん ありがとうございます

悲しいけど、最後を看取れたことで少しは気分が楽です。
102という映画があってそれを見ています。
ダルメシアンが102匹出てくるのですが、犬の出る映画を見るのではなかったと後悔してます。


MOM
2018/01/28 16:17
MOMOちゃん
幸せなMOMOちゃん幸せなMOMさん
ご家族みんなを和ませてくれてしずかに眠りについたのですね
わんちゃんねこちゃんの国にはうちのコバとりぼんがいます。
あらこんにちはっておしゃべりしてるかもしれないわね。
MOMさん少し泣いてあとはたくさんの思い出につつまれましょうか。
EPOM
2018/02/02 11:34
ゑぽむさん ありがとうございます

まだまだ涙が出てきます。
6年経った友人が、「今でも思い出すと時々涙がでる」と言っているので当たり前だと思っています。
「はじめまして」って、ちゃんと挨拶できてるのかな。
沢山の楽しい思い出とMOMOのおかげで親しくなった人を残してくれました。
感謝しています。
MOM
2018/02/02 14:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
虹の橋を渡ったMOMO MOMO&MOM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる