9月23日 高野山へ

友人とバスツアーで念願の高野山に行きました。
台風の影響で雨の天気予報でしたが、朝方雨は止んでいました。
6時過ぎに駅まで車、その後JRで集合駅まで。
心配性の私が用意した雨合羽、着替え、替え靴は車の中に残しました。

7時過ぎに出発して、高野山についたのは12時前になりました。
去年の台風で破損した修理中の壇上伽藍。

壇上伽藍.JPG

鮮やかな朱色の中門です。

中門.JPG

中門の向って右側の増長天の胸にはトンボが。
トンボはただ前に進むのみ、後ろに退かないという姿勢を
胸にトンボ・増長天.JPG

広目天の胸のセミは、セミのオスの大きな声は遠くまで届き威嚇するという意味だそうです。
高野山専属ガイドさんの受け売りです。
胸にセミ・広目天.JPG

珍しくモダンな白い鐘楼です。
他のお寺で見かけたことがありません。
大塔の鐘.JPG

金剛峯寺(こんごうぶうじ)
屋根の天水桶は普段から雨水をためておき、火災のときに火の粉が飛んで檜皮葺の屋根が燃えるのを防ぐため大きな柄杓で水をまいていたそうです。
いざというときに登るための梯子がかけられています。
金剛峯寺 (2).JPG

国内で最大級の石庭だそうです。
雄雌の龍が向かい合って奥伝を守っているように表現されているそうですが、すぐにはわかりませんでした。

蟠龍庭(ばんりゅうてい) (2).JPG

お昼は精進料理。
どのお料理もとても味付けが濃くて喉が渇きました。
精進料理は体にいいものと思いこんでいたので、この塩分量はどうなのかと心配になるほどでした。
私だけかと思ったのですが、どの席でも皆さん「辛い」とか「濃い」とかつぶやいていらっしゃいました。

精進料理・濃い味付け.JPG

食後、バスで奥の院へ。
高野山は宗派を問わずということで、韓国のお墓もキリスト教のお墓も浄土真宗、真言宗など望めばどのお墓も建てることができるそうです。
誰でも知っているような企業のお墓や政治家のお墓もたくさんありました。

奥の院 (1).JPG

徳川家康の次男、結城秀康公のお墓だそうです。
昔の人は子供を性別に関わらず戦略や権力を誇る為にまるでモノのように扱うことが多くあったようで、読んでいると辛くなったり憤りを感じたり。
家康に疎まれ秀吉の養子に(人質ですが)され、その後秀吉に実子が生まれた後はまた他家に養子に出される。
文武両道に優れていたらしいのに、あまり幸せではなかったような気がします。
奥の院 (3)家康次男・結城秀康.JPG

奥の院の弘法大師御廟に続く御廟橋から先は帽子を取り撮影禁止になります。
帰りは別の道から一の橋に戻ります。
四角錐の無縁塚です。
無縁塚ってなんだか寂しい響きですが、お地蔵様の赤いよだれかけがとても可愛いくて少しですがホッとします。
奥の院 (2)無縁仏.JPG

この後慌ただしく高野山駅へ。
ケーブルカーで極楽橋駅に着き、南海電鉄高野線「天空」に乗り橋本駅へ。
バスで柿の葉寿司専門店へ強制連行。お寿司以外の選択はなし。
京都駅から渋滞していて集合した駅まで1時間半かかるというので、京都駅でバスを降りJRに乗り帰宅しました。
高野山はもう一度行って、ゆっくり歩いてみたい場所です。

我が家の彼岸花。
球根1個植えて、今年は4本咲きました。
我が家の庭にはやはり赤より白い色が似合います。
IMG_5656.JPG






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ば~ば
2019年10月04日 07:09
私もずいぶんあちこち旅行しましたが、寺社仏閣はあまり伺ってません
かなり昔、夫とドライブの途中で身延山に寄った時に前後の写真は撮れているのに、その時の数枚だけボンヤリなの…ちょっと鳥肌が༼༼@_@;༽

私も精進料理は薄味との思い込みがあります…街中で頂く専門店の精進料理は出汁で美味しく感じますが(´艸`)☆
2019年10月04日 21:41
身延山のチョット怖い話結構ありそうですよね。
と~っても怖がりの私は、だから絶対にいけません。

外食は味が濃いとは認識していますが、これほど濃いのはめったに出会えません。
ツアーだから仕方がないのかな。
miky
2019年10月06日 09:21
ええっ!高野山へ!?
そうでしたかー。
トンボは前に進むのみかー、ほほーっ、です。きっと仏教の教えの象徴ですね。ほぼ地元なのに、初めて知りました。
精進料理、味付け濃かったですか。がっかりですね。地元民としてはなんか恥ずかしい。。
橋本駅で降りて、柿の葉寿司店へ直行ですか。どこのお店だろう。そちらも結構しょっぱかったのではありませんか。
高野山も、人が多いと、なんかごちゃごちゃしてたでしょう。想像つきます。やはり人の少ない時期に静かに歩いてみたいですね。
白い彼岸花にホッとしますね。
MOM
2019年10月06日 09:54
mikyちゃん おはようございます

精進料理は観光客相手のそれも団体のお店だったからだと思いますよ。
まずくはなかったんですよ、ただ濃かったの。

お寿司は私は食べられないのでよくわかりませんが、息子が美味しかったと言っていました。
ツアーは絶対お土産屋さんに連れて行かれますよね。
お客さんのためではなくて、ツアー会社の都合でしょう。

観光客の多いのは京都のお寺で慣れていますが、この日の高野山はそれほどでもなかったような気がします。
といってもいつもがどんなだかわかりませんけどね。

赤い彼岸花もきれいですが、庭にはこれくらいのほうが落ち着きます。
増えてくれるのを楽しみにしているのですが、野性ほど強くはないようでのんびり増えていくようです。

次の旅行の写真の整理がつかないうちに、昨日は♡A♡の運動会でした。
また写真が・・・・・
yasu
2019年10月08日 16:53
高野山有名ですね。でも行ったことがなく興味を持ちながら拝見させていただきました。
朱色に塗られた中門や壇上伽藍に目を奪われながら、白色の鐘楼の建物にまた目を引かれ、この鐘楼から打ち出される梵鐘はどのような響きで心を射止めるのか興味を持ちました。
金剛峯寺屋根の火の対策や、国内最大の石庭を見ながら静寂を感じ、精進料理の辛さまで伝わりMOMさんのブログを見ながら行ったつもりになれました。 ありがとう。(^^)/
2019年10月09日 02:38
yasuさん こんばんは~

私もずっと行きたいところだったんですよ。
優柔不断の友と私がやっと決心してツアーバスに乗りました。
本当に長い間想っていてやっと決められました。
二人共決断力がないんです。

白い鐘楼は珍しいでしょ。
壇上伽藍の朱色は、美空ひばりさんの「乱れ髪」がふと浮かびます。
金剛峯寺の屋根のカーブがとてもきれいです。