藤の花と母の日

連休明けの午後、友人と藤の花を見に行きました。
草津市の三大神社には樹齢400年の大木があり、”砂摺りの藤”が有名です。
画像



紫の滝です。
画像


少し短いようですが、花を咲かせながらまだまだ伸びるそうです。
強い風が吹いて揺れる風情がとても綺麗でした。
画像


花簪にしたらとても綺麗だと思う色でした。
画像


不思議!
1本の木からピンクと紫の花が咲いていました。
見えにくいのですが、手前がピンクで奥が紫です。
画像

三大神社にほど近い位置にある惣社神社。
観光客はほとんどいなかったので、とても静かでホッとしました。
画像


こじんまりした境内の隅にあった小さな藤棚の花は濃いピンク色でした。
画像


母の日の数日前、いつものように息子から「何か欲しいCDある?」と電話がありました。
サプライズの驚きはないけれど、我が家は相手の欲しいものを送ることにしています。
私は欲しいCDの中でお手頃価格のものを頼むことにしています。
今年は”Michael BubleのLove"にしました。
フランク・シナトラの歌や少し古い曲を歌っていますが、シナトラと同じくらい好きです。
当日は息子の好きなフィナンシェを焼いて待ちました。
画像


CDを聞いて美味しい紅茶を飲みながら(お菓子もちょっと)庭仕事の疲れと心配事を忘れます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ば~ば
2019年05月15日 17:29
我が家傍の遊歩道や公園にも藤棚が幾つかあります
藤は先っぽがまだ蕾の残るくらいが見頃でしょうが、ちょっと満開を過ぎかけています
春から初夏にかけてはいろいろな花が次々に咲いて楽しみですね

母思いの息子さんから、無形ながら優しい時間のプレゼントも
MOM
2019年05月15日 17:44
ば~ばさん こんにちは

お花を見るのはとても楽しいです。
特に自分が手入れをしないといけない花でなければなおさらです。
どんなお花も見ごろにぴったり合うのはむつかしいですね。
でも、今回は枯れた花も少なく、とても綺麗でした。
庭の花もたくさん咲いています。

この人の声はとてもリラックスできます。
miky
2019年05月16日 18:05
藤棚、とってもきれいですねー。
MOMさんは、色々音楽に詳しいですね。いつも私の知らない人ばかりです。
息子さん、プレゼントをちゃんと聞いてくれて、買ってくれて、持って来てくれるなんて、、とってもやさしいですーー!
うちの息子たちはいつも「お金渡すから好きなの買っといて」です。面倒くさいんでしょうね、きっと。(・・;)
松風Ⅱ
2019年05月17日 08:24
おはようございます
思い出しました
信州に眠る母の墓前に見事な藤棚があります
以前MOMさんやEPOMさんごいしょに安曇野を訪れた時に
お参りしたころはまだ時期尚早でした
またあの藤棚を見たくなりました
MOM
2019年05月18日 00:01
mikyちゃん こんばんは~

藤の花とても綺麗でしょ。
大好きな色なのですが、色白には程遠い私は似合わないとあきらめていました。
16年前に高島屋の箪笥や(リサイクルを扱うコーナーです)で、藤色にこっぽり模様の帯を買いました。
今でも大切にしています。

音楽に詳しいわけではなくて、好きな人がmikyちゃんと違うだけですよ。

身内同士のプレゼントだから、自分の欲しいものをもらえばさらに嬉しいでしょ。
ただ、友人からのサプライズはまた違う嬉しさがありますけどね。
MOM
2019年05月18日 00:07
松風さん こんばんは~

お墓の前に藤棚があるなんて、とても素敵です。
すぐに行ける場所ではないので、お花の時期に合わせるのはなかなかむつかしいですね。
信州への3人旅はとても楽しい思い出です。
食いしん坊の私は、地元の女性に教えていただいたお蕎麦屋さんで食べたお蕎麦の美味しかったことが忘れられません。

松風さんがまたブログを再開されたことがとても嬉しいです。
☆ひな☆
2019年05月23日 14:18
欲しいものが頂けるって、良いですよね。
私だったら、Sway♪!踊りだしたくなります。

息子からは、手書きのサガン鳥栖のチケットでした。

今度の日曜ホームでゲームです。

底辺を彷徨ってるチームなので応援頑張ります!
MOM
2019年05月23日 22:15
ひなさん こんばんは~

"Sway"の入っているCDも持っています。
踊りだしたくなる気持ちわかります。私は踊れませんけどね。

夫が現役の頃、会社の野球クラブの試合を子供たちと一緒に何度か東京まで見に行きました。
でも、子供たちの目的は翌日のディズニーランドでした。
それ以来、スポーツ観戦は一度もしたことがありません。
阪神ファンの応援を見ていると、あれほど打ち込めるものがある人がうらやましくなることがあります。

この記事へのトラックバック