MOMO&MOM

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋ゆうゆう展

<<   作成日時 : 2010/10/23 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 菩提寺及び周辺の作家による作品展です。
ステンドグラスとろうけつ染めは同じアトリエで展示されていましたが、ステンドグラスは撮影禁止になっていたので写真がありません。

     「功徳円満山―西応寺」
 西応寺のある一帯は、元奈良興福寺の別院で円満山少菩提寺と呼ばれ、数多くの大伽藍が雄大な姿でそびえわたっていた。
奈良時代、信楽の都を発願、建立された聖武天皇が国家の繁栄と安泰を願い、良弁僧正が創設した古刹である。当時は、山上山碌の広域にわたって大金堂、三重の大塔、開山堂などを中心にして、7つの神社と36の僧坊を構えてその偉容を誇っていた。
しかし、織田信長の兵火によって全山はほとんど消失し、それらの礎石を残すのみとなった。このうち禅祥坊が現在の西応寺の前身である」
西応寺のある一帯は戦によって命を落した武将や僧侶の骨がたくさん埋もれている、と聞いたことがあり不吉だと感じたこともありますが、いまだに発見されたという噂を聞いたことがありません。
現代でもっとも怖いのは2本足の動物でしょうね。 


 西応寺さんには陶・木彫・漆が展示されていました。
門の奥に見える赤い欄干には「円満橋」と記されていました。
画像


 数少なくなった萩の花が緑の中で「私はここにいますよ」と自己主張。
画像


 庭園のあちらこちらにホトトギスが咲いていました。
画像


 「なぞの巨大庭園石」だそうです?確かに巨大です。
画像


 本格的な紅葉にはまだ早いようですが、せっかちなモミジが色づき始めました。
画像


 う〜ん!?漆塗りの臼歯?!解説はありませんでした。
画像


 漆の作品は去年も不思議でした。主題は?
画像
  

 木彫りのクマくん。お腹を枕にお昼寝したい!
画像


 木彫りと漆のコラボですね。
ご存知ですか?京都動物園の子ザルを載せて園内を走り回るウリ坊。
それっぽい?
画像


 藍染のアトリエに少しだけお邪魔しましたが、なんだか疲れて全部回れませんでした。
友人と二人で我が家でお茶しながらおしゃべり。
暑くもなく寒くもなく、いい塩梅の着物日和でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
漆の作品、ほんと不思議ですね・・・
何か雰囲気が・・・いやいやそんな事を言ってはいけませんね、失礼しました
モミジの紅葉、キレイですよね
葉っぱ好きな娘を連れて、私もこの秋はどこか紅葉を見に出かけてみます〜(都内でしょうけど
kon
2010/10/23 15:20
MOMさん、こんばんは〜♪

お着物散策だったようですね〜
1枚目のお着物姿のMOMさんと
お寺の門から見える景色がとても素敵です。
しっとりと秋の風情が漂っています。
木彫りと漆の作品面白いですね。(^o^)丿
yamabousi801
2010/10/23 20:23
konちゃん こんんばんは〜

漆の作品自体はとても丁寧に綺麗に出来上がっているのですが、とても不思議な作品です。

Sちゃんが小さな指で葉っぱを摘む所可愛いでしょうね。
ズルさんもむすめも無事帰宅したようで一安心です。
シンガポールのお土産は何だったのでしょうか?
MOM
2010/10/23 20:32
やまぼうしさん こんばんは〜

前日まで暑かったのでブルー系の着物を用意してあったのですが、お天気に合わせて黒っぽい紬に替えました。
西応寺さんは家の近所にあるのに訪れたのは二度目です。
由緒正しいお寺のようで、お庭もなかなか素敵でした。

木彫りのクマが好きです! (*^笑^*)
MOM
2010/10/23 21:08
これから季節もよくなりますので、着物でお出かけが増えるのではないでしょうか?
着物姿、絵になっていますよ。わたしも近場の高台のお寺(やまぼうしさんはご存知と思う瀬高の清水寺)に紅葉見物にと思っています。
☆ひな☆
2010/10/24 03:14
ひなさん こんばんは〜

今日はいきなり肌寒い日になりましたね。
滋賀県も京都に負けないくらいお寺の多い所です。
なのになぜか京都のお寺巡りをしてしまうのです。

そろそろ紅葉が始まりましたね。
桜と違って期間が長いので少しのんびりできますね。
MOM
2010/10/24 17:56
おはようございます。
秋の一日、MOMさんらしい穏やかな写真の中に
漆塗りの動物たちが可愛く楽しいですね。
作者も謂れも解らないところが、
見る人の想像を掻き立て、不思議と思わせるのでしょうね。お寺さんの演出かな(笑)

錦秋と言われるまでには時期が早く、花も少ないので、
さびしい時期ですが、そっと色付くモミジが優しい
静かに和ませてくれますね。
朱の裾八掛けが、周りの雰囲気に良くマッチして素敵です。

私もMOMさんのように優しいブログにしたいのですが、
どうも性格が邪魔をしているようです。
松風
2010/10/25 09:58
松風さん こんにちは〜

綺麗に紅葉した大木は見ごたがありますが、遠慮がちにほんのり色づき始めた細っそりした若い木も好きです。

この着物も“開明堂”で買った古着です。昔の紬の八掛けは赤い色を使うことが多かったようで、ほかの古着の大島も少しずつ色合いは違いますがやはり赤です。
ちょっと恥ずかしいのですが、和裁のできない私はそのままで着るより仕方がありません。

松風さんのブログを拝見して、いつも“すごいな〜”とため息です。
見かけより小心者で臆病な私は、松風さんの行動力を見習わなければと思っています。
MOM
2010/10/25 14:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋ゆうゆう展 MOMO&MOM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる