MOMO&MOM

アクセスカウンタ

zoom RSS 安楽寺・法然院

<<   作成日時 : 2008/11/27 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 安楽寺には悲しい物語がありました。
安楽寺のこの由緒を、松虫、鈴虫像のある本堂で丁寧に説明して下さいました。
ここ、安楽寺も拝観できる日はかなり制限がありました。

 萱葺きの山門の裏と表です。
光の当たり具合で同じもみじがこんなに違う色になります。
どちらもきれい(手前味噌ですか?)
画像

画像


 ありがた〜い仏陀の足跡です。
画像


 心がフワフワと浮き立つような鮮やかな赤
画像

画像


 法然院は紅葉より緑のほうが多く、森林浴気分でそぞろ歩きました。
この入り口から入って、歩いても歩いても拝観料を払う受付はありませんでした。
京都のお寺には珍しく無料でした
画像


 この萱葺きの山門をくぐるともみじが見られます。
この門の写真を撮るために10人以上の老若男女が観光客の途切れるのをじっと待っていました(私もです)。
その間、私たちの間には不思議な気持ちのつながりができたようでした。
「あ〜ぁ、あの人早く視界から外れてくれないかな」とか、「どうか誰も来ませんように」とか。
「今だっ!」と誰かの掛け声にいっせいにシャッターを押し、終わった後はみんなの「ホッ」と言うため息が聞こえたような気がしました。
待つのに疲れて慌ててシャッターを押したので、あまりきれいな絵にはなりませんでした
画像


 日当たりがあまりよくないせいか、とても柔らかい優しい色の紅葉でした。
画像


 これが法然院で一番赤いもみじでした。
画像


 青空をバックにパステル画のように見えました。
紅葉と言うより桃色に近い淡い色も可愛くて素敵でしょ?
画像


 これで今年の神社仏閣の紅葉巡りはお終いになると思います。
同じような紅葉の写真を見ていただいてありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
MOMさん、こんばんは〜♪

MOMさんのお陰で京都の美しい紅葉を
拝見できました。ありがとうございました。

今日の紅葉もそれぞれに素晴らしいです。
私の好みとしては、最後の淡い濃淡の写真が
一番好きです。 優しい色合いですね。

シャッターチャンスを待っていらっしゃる
なんて、なかなか私には出来ません。
お疲れ様でした。(^o^)丿
yamabousi801
2008/11/28 21:52
やまぼうしさん こんばんは〜

皆さんすごいカメラをお持ちになってます。
ご夫婦で違うカメラで写していらっしゃるんですよ。
もし一人で行ったとしたら、私はいつまででも人が途切れるのを待ってると思います。
せっかちな所もありますが、待つのは平気なんです。

京都駅に紅葉情報がありました。
京都はまだまだ見ごろな場所がたくさんありそうですが”来年のお楽しみ”に残しておきますね。
MOM
2008/11/28 22:31
こんばんは

モミジって ホントに色んな色になるんですよね。
緑 黄 赤・・・赤にも色んな赤があって。奥が深いです。
私は 紅葉に思いっきり光りが当たっている時が好きです。今でも大山の紅葉が 私の中では 一番です。
その後も何回か行きましたが あの一番の紅葉はみれませんでした。
京都は 人が多いのではと敬遠してしまいます。
はーと
2008/11/28 23:09
はーとさん こんばんは〜

今回の京都行きは、この間の湖東三山より人は少なかったように思います。
穴場ですね。

紅葉は桜と違って青いシートの場所取りも、なぜかほろ酔い加減のおじさんもいないのでGOODです。
大山は一度も行ったことがありませんが、そんなにきれいな紅葉なら一度行って見たいものです。

MOM
2008/11/29 00:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
安楽寺・法然院 MOMO&MOM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる